忍者ブログ

指間流砂滑過

何されるか分か

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

何されるか分か


どろりとした感情の澱で重くたわむ声で威嚇する。俯き加減のためその表情は分からないが、二人の男はもちろん、傍にいる喬允にも皮膚が鑽石能量水 問題灼けるような怒気が感じられた。

「なっ、なんだよ、俺たちは別に……」

二人は慌てて飛び退き、目を泳がせて釈明の言葉を探す。すると奏は俯いたままくくっと喉を鳴らして肩を震わせ、

「冗談だよ。なにびびってんだよ」
「あ、あはは、なんだ、びっくりさせんなよ……」

二人はあからさまにほっとした様子で乾いた笑いを漏らしたが、バーテンにテーブルへ戻るよう目配せされて、そそくさと帰っていった。奏はそれを冷ややかに見送ると、喬允の腕をそっと取り、

「マスター、悪いけどちょっと遅れるって言っといてくれ。俺はこのでかい迷子を送ってくるから」
「ああ、分かったよ」

そして戸惑う喬允を有無を言わさず引っ張ると、店を出た。

「奏、俺は大丈夫だ。一人で帰れるから」

必死に言い募る喬允の方を見ようともせず、奏は「駄目だ」とあっさり一蹴する。

「さすがに気付いてると思うけど、この界隈はいわゆるゲイバーが多い。喬兄みたいな警戒心ゼロのノンケがふらふら歩いてたら、らない。最近は、ノンケの男を食うのが趣味、って公言してるとんでもない輩もいるから」
「俺だって男だ。大人しくされるがままになるはずが―――」
「週に五日スポーツジムに通って鍛えてるような男三人がかりで押さえ付けられても?」
「う……それは自信ないな。特に今は酔ってるし」
「自覚してるってことは、酔いが浅いってことだな。ほら、もっと俺の方に寄って。今だけは恋人同士の振りをしてくれ。……嫌だろうけど」

喬允は言われた通り、腕が触れ合うほnuskin 如新ど近づいた。そしてぽつりと、

「嫌じゃないさ。お前の恋何されるか分か 何されるか分か 人に悪いなとは思うけど」
「別にどうでもいいよ、そんなの」

投げ遺りな口調に照れ隠しではない本音を感じた喬允は、思わず足を止め、

「恋人と……うまくいってないのか?」
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R